事務の求人内容は手厳しい

事務の求人内容は手厳しい

事務の求人内容は手厳しい

事務の求人内容は手厳しい
以前転職を考えていたとき、第一希望の職種は事務でした。ですが求人を見れば見るほど厳しい現実を突きつけられました。それまで私はサービス業を中心に何度か転職を行っていましたが、そのときの仕事はパソコンスクールの講師でした。なぜ講師になったかというと、友人の紹介で知り合ったひとが、パソコンスクールを運営しているが事務所の人手が足りていないと言い、そのときちょうど求職中だったので私でよければと運営スタッフとして入ったのが最初でした。なので最初は講師陣のサポートやちょっとした事務処理など完全に事務所内の業務のみでした。ですが雑談の中で私が以前MOSの資格を取ったという話をしたらそれならばと新しいクラスの講師の話を打診されました。講師経験なんて全く無かったしパソコンに関しても自信が無かったのではじめは断りました。でも私がパソコンを使っているところもちゃんと見てくれていて、それで頼んでいるんだと言ってくれたので引き受けることにしました。

そんなわけで講師としてしばらくやっていたのですが、自分の中に大きな問題がありました。私がいたスクールは「ビジネスに使えるパソコンスキルを身に付ける」のが一番の目的であり、講座内容も実務的なものを中心にしていました。ですが、私自身にはビジネスでパソコンを扱った経験がほとんど無かったのです。自分が経験してもいないのに「これは実務でもとても使える関数ですよ」などとわかったようなことを言うのが嫌で仕方ありませんでした。結局そのクラスは最後までやり通しましたがそこで講師は辞め、次は事務の仕事をして、実務の世界を自分で確認してこようと決めました。ですが事務に絞って求人を見ていると、ほとんどが「経験者優遇」「実務経験者大歓迎」と書かれています。たまに「未経験者OK」とあってもそれだけでは生活が出来ないくらいのお給料でした。最初は誰でも未経験なはずです。これではどこで経験を積めばいいのかわかりません。

注目情報

Copyright (C)2016事務の求人内容は手厳しい.All rights reserved.